遠景

いざというときに便利な東京のマンスリーマンション

単身赴任や一時的な仮住まいとして、マンスリーマンションは心強い存在です。
本来であれば物件を借りる際に必要となる初期費用がかからず、短期間で入居することができるので、必要なときにすぐに利用することができます。
マンスリーマンションの中には家具や家電などがあらかじめ備え付けられているところも多くあるので、引越しの手間や費用を削減することができるのも便利なポイントです。
必要最低限のものだけを持って生活することができ、一時的な住まいとして東京への旅行や大学受験の際に利用するというケースもあるようです。
地方から東京などへやって来る受験生にとっては、ホテルよりも自分の生活スペースがあるぶん、落ち着いた場所で過ごすことができるというメリットもあります。
また不動産業者へ相談することで受験会場に近い場所にマンスリーマンションを借りるなど、受験を想定して前もって環境を整えていくこともできるのです。
これは東京にやって来る旅行者や単身赴任などにとっても同じで、観光地に近い場所や職場に近い場所、また主要な駅の近くなどにマンスリーマンションを借りることで、できるだけ早く住まいを確保したいという場合に活用することができます。

東京のマンスリーマンションをリクルーティングに有効活用しよう

東京で職探しをしている人を上手く採用するためには、彼らが東京で働いて暮らしやすい環境整備のために幾分か協力することが必要です。転職者であれ新卒者であれ、東京で仕事探しをする求職者に共通の悩みの種と言えば、高額の住居コストです。この点で十分なサポートを提供できるのであれば、そうした会社は、求職者に積極的に選んでもらえる可能性が高くなるでしょう。
例えば、不動産業者へ相談して、マンスリーマンションを何件か会社で借り上げ契約して、社宅や寮として活用するという方法があります。会社の資金力によって、家賃全額免除が可能か、一部を入居者に負担してもらうかは慎重な検討が必要ですが、こうしたサポートが全くない会社とは、かなりの差別化が出来るはずです。マンスリーマンションは家具家電付きのため、求職者に社宅や寮として提供することで、彼らが家具家電を購入するための支出も抑えることが出来ます。また、東京で就職が決まってから、彼らが、土地勘のない東京で部屋探しをする手間を省いてあげることも出来ます。こうして考えれば、同じ住宅面でのサポートとしてよく利用される家賃補助よりも、マンスリーマンションを社宅ないし寮として提供することは、真に求職者に対して優しいサポートであると言えるでしょう。

仕事の状況次第で東京のマンスリーマンションを第二の自宅として活用

新人からベテラン、そして管理職になるにつれて、仕事の責任は重くなっていきます。新人時代には東京都心の高額家賃を賄うのも厳しく、遠隔地で暮らす人も多いでしょう。しかし、仕事上の責任が増えるに伴い、東京での長距離通勤は体力的にもきつくなってきますので、いつまでも同じやり方をするのはおすすめできません。それよりも、昇格でお給料も増えているのですから、仕事場に近いところに第二の自宅としてマンスリーマンションを借りて、通勤ストレスを軽減してはいかがでしょうか。
マンスリーマンションが第二の自宅として好都合なのは、月単位で借りられること、普通の賃貸マンションに比べると初期費用が安くて済むこと、そして、備え付けの家具家電を入居した日から使えることです。通常の賃貸マンションだと、敷金や礼金で多額の出費が必要な上に、家具家電を別途購入する必要もあります。これでは、費用が高額過ぎて手間もかかって面倒でしょう。マンスリーマンションであれば、そうした手間も費用も一切不要です。
東京都内にはマンスリーマンションがいくつもあるので、通勤に好都合な物件もすぐに見つかるでしょう。家具家電、備品などは、ネットの情報でも確認できますが、詳細については不動産業者へ相談して、正確な情報を教えてもらいましょう。


第2の自宅としてマンスリーマンションを東京で借りてはどうでしょうか?【アットイン】ならきっと理想の物件が見つかりますよ!

トピックス

ニュース

2019年04月11日
マンスリーマンションのメリットって何?を更新しました。
2019年04月11日
デザイン性にこだわったマンスリーマンション選びを更新しました。
2019年04月11日
生活の場として利用するマンスリーマンションの魅力!を更新しました。
2019年04月11日
マンスリーマンションを法人として利用するメリット!を更新しました。
TOP